社員紹介

田中 謙二郎

 


Q.どうして林業の業界で働くことにしたのですか?

 

僕はもともと東京出身なんですが、それもあって自然が大好きで、20歳の頃はずっとスノーボードをやっていて山ばっかり行ってたんです。それをやめたときに仕事何しようかと思って、山が好きだっていうのがあったのと一次産業にすごい興味があったので。それで一番入りやすかったのが林業だった。会社としてあるのがやっぱり漁業とか農業よりも、林業の方が会社かなという気がして、林業を選びました。

 

Q.今の仕事のやりがいは何ですか?

 

僕は今造林の方にいるんですけど、やっぱり植えて育っていくのを見るのが良いですね。あとはまあ自然の中で汗をかくのが良いです。

 

Q.今までの10年間の中で大変だったことや今大変なことはありますか?

 

この仕事自体が大変だと思うんですけど(笑)、けど…んー何だろう。まあ大変なのはもう分かってるんでそんなに大変とは思わなくなってるかな。やっぱりけど虫に刺される、暑い、寒い、ていうのがやっぱり大変ですね。外の仕事なので。僕どっちかというと最初の頃ずっとトラックに乗ってたんですよ。それでやっぱり街中でトラック乗るのと山の林道をトラックで走るのとは全く違うので、やっぱり怖かったていうのはありましたね

 

Q.この会社の好きなところはどこですか?

 

年に何回か美味しいお肉が食べられること。会社でBBQとかやったりするので。あとは春先になれば山菜も取れますし。僕は釣りとかも趣味なので、まあ仕事とは関係なくいわきは海があるしかわもあるし、なので遊びには事欠かない。スノーボードやりに行くのも、東京にいた頃より近いし。そうですね、環境が良いです。(笑)あとは、皆一緒に釣り行ってくれるし。

 

Q.最後にこれからの林業、会社に期待することはありますか?

 

やっぱり林業はなんだかんだ言っても危険な仕事なので、まあその危険を出来るだけ遠のけるというかにして。まあ体力的なものは続けていかないとどうしようもないものなので、とにかく危険をどうやって回避していくか。色んな物とかも会社で揃えてくれるので、そういうもので危険をどうやって回避していこうかなと色々考えています。